FC2ブログ

ことばと文化、いっしょに遊びましょう!!

言語文化の会は、ことばと文化に関する情報を提供します。そのなかで、ことばや文化と楽しく遊んでください。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俳優座劇場の「十二人の怒れる男たち」を観た。

俳優座劇場の「十二人の怒れる男たち」を観た。

 とても面白かった。さすが俳優座だ。文学座や俳優座から集まった十二人の俳優はそれぞれの持ち分をわきまえ、すばらしい演技力だ。もともとの台本がすぐれているのだろうが、話はテンポよく進み、観ているものを飽きさせない。それどころか、2時間超の公演も苦痛を感じることもなく観ることができた。演出者の意図通り、真ん中で15分の休憩をとってしまったら、その臨場感は半減するにちがいない。
 ただ、観終って、一つとても残念な点があった。それは翻訳劇の限界なのかもしれないが、演出者としてはその限界を破る工夫をしてほしかった。残念な点とは、十二人の男たちが背負うバックグラウンドや経歴や人生をもう少し語ってほしかったということだ。原語の英語であれば、恐らくその訛りやアクセントや用語法などから、これらの点は自然に語られることになるのだろう。あのことば使いはスラム育ちだとか、あの強い訛りはユダヤ系だとか。あんな物言いは銀行マンだとか。日本語に翻訳してしまったら、それは表現しにくい。そして、陪審制度のなかでは個々人が何者かは自ら語ることは基本的にご法度にちがいないが、舞台上でも多少はそれについて言及があった。しかし、それが不十分だというよりも、その点が欠如しているので、劇のもつ文学的深さを損なってしまったように思われる。
 全体としてとても楽しめたが、観ながら思ったのだ。この男の職業は?あの男の出身地は?なぜ、この男は有罪にこだわるのか?最後まで有罪を主張する男については、この点にスポットがあてられ、多少その人生が垣間見られたが、他の男たちについてはあまり語られない。演出者としては、一人にスポットをあてることで十分だと判断したのかもしれない。しかし、一人の少年の生き死に関わっている判断を下すに、全員のとはいわないが、少なくとも半数の人間の生きざまがもっと語られるべきである。それを演劇的にもっともっと追及すべきだ。そして、その余地はあると思った。
 こんな方法をとれば、その点は簡単に補える。多くの上演においてそうなっているだけかもしれないが、俳優座の舞台では大部屋の一角にトイレが配置され、登場人物はそこに入れ替わり立ち代わり出入りする。あそこは私的場だ。演劇的にトイレは多少利用されたが、もっともっとうまく利用すべきだ。その利用法は充分だったとはけっしていえない。翻訳本にはないとしても、あそこでそれぞれの男たちの生きざまを短いことばでうまく語らせるべきだ。俳優座ならできるはずだ。

yjimage[1]
スポンサーサイト

 「花咲く頃に」を観た。

 「花咲く頃に」を観た。こんな演劇もよい。テレビでなじみの大和田獏さんと音無美紀子さんの二人が中心に演ずるので、そう感じるのかもしれないが、上質のテレビドラマを劇場で観た感じである。家族の問題を取り上げているが、現代の社会的問題をきちんどバックグラウンドにそえ、お二人の安定した演技で話は進む。その子を演ずる、藤澤志帆さんも西尾友樹さんも、お二人の薫陶よろしく演技を磨いているとみえる。観終わっても、とてもさわやかなものを感ずる。こんな劇があってもよい。

yjimage[1]

東京芸術座の『蟹工船』を観た。


 ものすごい迫力の劇だ。男たち2~30人が舞台でくりひろげる劇は、私がこれまで見たもののなかで抜きんでた迫力であった。
 小林多喜二の小説を劇にしたもので、とても楽しみにして見た。ところが、私の耳も遠くなってきたのか、セリフがあまりよく聞き取れない。それほど後ろの席だったわけでもない。なぜ、よく聞こえないのだろう。舞台には多くの男たちが登場し、彼らのわずかな物音などで聞き取れないのだ。半分くらいしかわからない。こうなると、セリフの微妙なニュアンスなど吹っ飛んでしまう。そして、あらすじだけが残る。それは過酷な蟹工船での労働のなかで、ストライキを起こしたり、労働組合を作ろうとする動きだけがクローズアップされてしまう。
 演出家や俳優たちにそんな意図はないと思うが、劇がプロパガンダと化してしまう。そんな政治的誤解を生まないためにも、もっともっと若者や文学青年のセリフを大事にしてほしかった。

yjimage[1]

『へそ曲がりジョンソン博士の人生パズル』

『へそ曲がりジョンソン博士の人生パズル: 18世紀巨人のことば』 Kindle版を出版しました。 『へそ曲がりジョンソン博士の人生パズル』

 次の内容です。本書はへそ曲がりジョンソン博士のことばを10に分けたもので、ぜひ若い方々に読んでいただきたいと思います。
第一章 こころとからだの健康が大事だ!
第二章 この世の美しいもの、すばらしいものを探して
第三章 知的なものにあこがれて
第四章 世界で少しは輝きたい
第五章 ゆったりとした生活がしたい
第六章 友人や友情が欲しい
第七章 恋愛がしたい、結婚がしたい
第八章 この世の軽蔑すべきもの
第九章 貧しいのだけはいやだ、だが金の亡者にはなりたくない
第十章 人生のどん底から絶対に抜け出る
 私は若いころ、人生論をよく読みました。本を読んで、直面する問題がすぐに解決するわけでありませんが、人生や社会について深く考えることができました。本書もそんなものであって欲しいと思います。そのためにも、ジョンソンのことばを読み通すのではなく、一つずつ考えながら読んでいただきたいのです。一度読んで考え、また読んで、好きなコーヒーを一口すすってまた読んで、というふうに読み進んでいただきたいのです。
 へそ曲がりのジョンソン博士は人とは逆のことをいって喜ぶので、彼のことばを読むときには注意していなければなりません。例えば、彼はこういうのです。「けんかをしなければしないほど、私たちの憎しみはおそらく増すだろう。」

縦書き表紙 ジョンソン博士の人生パズル

劇団NLTの OH ! マイママ を観た

劇団NLTの OH ! マイママ を観た

 劇団NLTの初演は1965年のようだ。この劇団の演ずる「 OH ! マイママ」は、ただただ楽しめる劇である。一部の俳優の発声法が多少気になったが、そんなことはさておき、楽しめる喜劇である。男性が女性に扮するのだが、その種明かしが何重にもなっていて、それが明かされるごとにひきつけられて観てしまう。そして、幕が降りる5分ほど前のところで最大の山場がくる。観ている観客は、そこで思わず拍手をしてしまう。まだ、劇の真っ最中なのだが、拍手をしてしまう。実は、私たち観客は、当然のことながら、そこで劇は終わると考えているのだ。ところが、それから其のあともう一つの種明かしが始まる。これはあまりにも余分で、それまでの興奮が冷めてしまう。あそこで終わっておけば、すばらしく上気した気分で劇場を去ることができたのにと思わざるをえない。残念な気持ちだけが残ってしまった。

OH マイママ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。