ことばと文化、いっしょに遊びましょう!!

言語文化の会は、ことばと文化に関する情報を提供します。そのなかで、ことばや文化と楽しく遊んでください。

Category [イギリス、あこがれと現実 ] 記事一覧

イギリス人によって、パブって何だ?

 ロンドンのレスター・スクェアー駅に近いパブで昼間から若者が気勢を挙げています。何かと思って中をのぞいてみると、備え付けのテレビを見ています。若い女性の姿もあります。ラグビーを観戦しているのです。やはり、ラグビーの本場だと妙に感心しました。うむ、イギリス人にとってパブと一体全体何なんでしょう。この答えは、ある意味で簡単なことかもしれません。ハブは、日本人にとっての喫茶店のようなもののように思われま...

アメリカ人のステイタス・シンボルは、レクサスだ。

 ここ数年、アメリカ人にとって、ステイタス・シンボルとしての自動車はレクサスだという。数日前にみた統計でも、レクサスの販売数ははベンツを上回ったという。アメリカ人は正直だ。いいものはいいと思うし、安ければ安いほうがよいと思う。日本人は、明治以来の根性で、ものの本質的良さにきづかない。ブランドに弱い。特に、ヨーロッパのブランドに弱い。私もかつてそうだったし、いまだにそれから抜けきらない。 そのブラン...

イギリス人に聞く「ダンヒルを知っていますか?」

 朝食が9時半と遅かったので、いつものように急いで大英図書館に向かった。何の心変わりか、その前にダンヒルの店によってメガネを買おうと思い、行き先を急遽変更した。そのダンヒルの店がなかなかみつからない。かなりの時間を食いそうだ。ここまで来たらと思い、イギリス紳士に場所をたずねた。知らないという。場所が分からないどころか、ダンヒルとは何を売っている店かと反対に聞かれた。元々はタバコ製品を商っていたと話...

ロンドンの地下鉄は便利だ?!

 ロンドンの地下鉄に乗った。ものすごく狭い。大きな身体のイギリス人が向かい合って座ると、迫ってくるものがある。その間に人は立てるし、そのための吊り棒(吊り革ではない)もあるが、ほとんどの人は出入り口のあたりに立っている。日本に比べたら、1つの車両に5分の1くらいの人しか乗れない。ロンドンでは地下鉄を The Underground (railway) とか Tube という。なぜ、チューブと呼ぶかというと、その形がタイヤのチュー...

歴史の遺産で喰っている英国の古本屋

 ロンドンには英国中(いやヨーロッパ中)の古本が集まるが、私の目指すものはなかなか見つからなかった。ある日、訪れた古本店で中国系の若者に声を掛けられた。あなたを前にも古本屋で見かけたが、業者かコレクターかと聞いてきた。英語の辞書を探しているとだけ答えた。彼は古本店のカタログがあるから、Skoob で入手せよと言うのである。その後、古本屋巡りは系統的になり、自分の望む辞書も目にするようになった。ジョンソン...