ことばと文化、いっしょに遊びましょう!!

言語文化の会は、ことばと文化に関する情報を提供します。そのなかで、ことばや文化と楽しく遊んでください。

Archive [2016年06月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

pen pal ということばをご存知ですか。

私が中学生になり英語を学び始めた50年前には、日本国内で欧米人と英語で話すなどという機会はほとんどなかった。このため、その当時、流行っていたのが pen pal をつくることだった。中学の2年だったと思うが、私もアメリカ人の女の子と文通をした。中学生ではなかなか文章も書けないが、英語文通のガイド本にある英文をまねて文章を書いた。自分や自分の家族のことはもちろん、日本のいろいろな文化について書いたものだ。数回手...

車に関するイギリス英語 motorist

 車に関する言葉は英米でかなり異なる。基本的にはイギリスでは petrol,motor という語を使うということだ。一例だけあげよう。自動車を運転する人への警告文だ。Motorists Please Not Leave Valuables in a Car  ただし、この語は自動車だけでなくバイクに乗る人もさす。...

岸田國士『雪だるまの幻想』を聴いた

 『悲劇喜劇』の全目次を集めたいと思って作業を進めています。ほぼ3分の2ほど終わりました。そこで、この雑誌を昭和の初めころに創刊した岸田國士のことが気になり、短い作品を読みたいと思い、インタネット上であちこち漁っていました。そこで、ちょっとした宝物を見つけました。 岸田國士の『雪だるまの幻想』を聴いた。明治大学レバティーアカデミー講座におい「ラジオドラマCDを作ろう」という企画のようである。構成およ...

『集金旅行』を観た。久しぶりに樫山文枝さんの元気な姿にふれた。

 劇団民藝の『集金旅行』を観た。久しぶりに樫山文枝さんの元気な姿にふれた。彼女が扮する「コマツランコ」の男遍歴はかなりのものである。しかし、それほどどろどろしたものを感じさせることなく、場面は進む。何か、小津次郎の日本映画を観てるような感じである。そこには、多少の荒波はあろうと、ふつうの生活がある。はらはらする場面も心躍るロマンスもない。淡々と過ぎ、すっと終わる。こういう劇もいい。 私には、ほかの...

「桜の園」、正しい翻訳ですか?

 私は何年も前から、チェーホフの「桜の園」が正しい翻訳かという問題を提起してきた。少し前に書いた文章を掲載したい。 「桜の木になぜ、さくらんぼの実がつかないか。」 桜の花は英語で cherry blossom と呼び、その木は cherry (tree) という。しかし、フルーツとして食べる「チェリー」とどんな関係があるのだろう。実は、同じ桜の木でも品種がちがうのだ。日本の桜の木は白っぽい花を咲かせる品種で、もともと山にあった。...

イギリス英語 「紅茶、もう少しください」

 紅茶を飲んでいて、“Sam, any more tea?” と聞かれた。そこで“A little bit, please.” と答えた。すると、“A little drop.” と言いなさいといわれた。bit は固体という意識があるようだ。確かに、辞書をみると a bit of food などの表現もみられる。もちろん単純に “Just a little, please.” と言うのならよい。...

イギリス人によって、パブって何だ?

 ロンドンのレスター・スクェアー駅に近いパブで昼間から若者が気勢を挙げています。何かと思って中をのぞいてみると、備え付けのテレビを見ています。若い女性の姿もあります。ラグビーを観戦しているのです。やはり、ラグビーの本場だと妙に感心しました。うむ、イギリス人にとってパブと一体全体何なんでしょう。この答えは、ある意味で簡単なことかもしれません。ハブは、日本人にとっての喫茶店のようなもののように思われま...

イギリス英語 pink papers 何のこと?

 英語には pink papers という表現がある。どうしても、日本人は卑猥な新聞か何かを想像してしまう。むしろ、全く反対の堅い新聞である。経済紙または経済の紙面 (business section, economy section) を指して、そう呼ぶ。ただし、実際にはピンクというよりもオレンジの薄い色くらいの感じである。 ...

舞台に輝く栗原小巻ー出演の演劇一覧ー

 「舞台に輝く栗原小巻」と題して、栗原小巻がこれまで出演した演劇の一覧表を作成しました。かなり詳しいものだと思います。それぞれの劇のポスター写真などもついていますので、楽しんで見ていただけると思います。みなさん一度ご覧ください。 舞台に輝く栗原小巻...

むかし、日本人は水など買わなかった。

 水を買うという習慣のなかった日本人は、買う水のことをまったく知らなかった。イギリスに初めていったとき、水には2種類あることを知った。still water, sparkling water だ。また、買った水でも腐ることを知らなかった。1.5リットルもあるポリ入りの水を買ってくると、すぐに飲めなくなってしまう。1週間もすると、いやな臭いがする。これは15年ほど前の話しで、こんな日本人も今では水を買うようになった。 ヨーロッパでは...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。