ことばと文化、いっしょに遊びましょう!!

言語文化の会は、ことばと文化に関する情報を提供します。そのなかで、ことばや文化と楽しく遊んでください。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語教育について考える(最終回)

 英語教育について考えるというテーマでいろいろ書きました。お読みいただきありがとうございました。これをもって最終回とさせていただきます。

 これは、かなり前に書いた文章ですが。今も状況はそれほど大きくは変わらないと思います。

 アムステルダムのホテルでテレビを見た。オランダ語の放送はもちろんあるが、アラブ系のチャンネルとイギリスのBBCのチャンネルがあった。眠いと思いながら見ていた。眠くて細部までよく分からなかったが、BBCの番組の1つは第2次世界大戦中のビルマ戦線に関するものであった。日本がどのように攻撃し、最終的には日本人をどう撃退したかを退役軍人の話を中心に構成したものだ。この番組の意図は明らかである。日本軍が負傷者も病人も無差別に皆殺ししたということを国民に伝えるものである。次の番組も同じようなもので、イギリス人捕虜の話しだ。捕虜生活のために、精神的に今でも苦しんでいる人物が、過去を振り返りタイに赴くというのである。そこで、捕虜時代に苦しめられた日本人通訳と再会する。その日本人は過去の過ちを悔い、今はタイで僧侶をしている。酷い拷問にあったという話をする。二人の会話のなかで最も印象的だったのは、そのイギリス人が「原爆が私の命を救った」という文句である。原爆の歴史的意味や位置づけは別として、戦争を戦ったイギリスの若者にとって、「原爆が私の命を救った」というのは紛れも無い実感であろう。これは何人も否定できない。しかし、そうした個人的実感と歴史的事実とはまったく別のものである。
 BBCがこれらの番組を制作する意味は絶大なものがある。イギリス国内だけではない。ヨーロッパ中の人々がこの番組を見る可能性があるということだ。ヨーロッパに来て、世界を日本人の視点からしか見ていなかったことがより明確になった。やはり、イギリス人の高年齢者のなかには明らかな反日感情がある。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。